月: 2021年7月

あづい

やっぱり気候変わってるんだろうな。

数年前はこの時期も普通に腕真っ黒にしながら外仕事やってたはずなんだけど、最近はもう昼間を避けて朝と夕方に分けてる。しかも冷房が乏しいので家にいてもあんまりできることがない。

まいったね。


心のシャッターを押して忘れないように

aikoのライブ2日間。aikoはサービス精神の塊なのでライブツアーでも2日でセットリストをガラッと変える。
リリースツアーでもあるのでセトリ構成はアルバム曲+ライブ定番曲+αという感じ。ただ今回はこの+αが非常にサービス良くて人気曲が固まってたので嬉しかった。初日アンドロメダ、2日目シアワセはかなり嬉しい。
言うまでもなくバンドの演奏もaikoも歌もはっきり「ライブアーティスト」と言えるレベルの圧倒的なクオリティ。スピッツやYUKIもそうだけどJ-POPの全盛期からここまで第一線を張っているミュージシャンはこのあたりの地力が圧倒的に違う。

とはいえやはりこの人のライブの本領は曲目や演奏よりも(それだけでそんじょそこらのライブより圧倒的な充実度なのにも関わらず)、ライブ全体の雰囲気や空気感だと思う。本当に客席との距離感が近い。ただ音楽を聴かせるだけではなく、特別な空間と時間を作り上げようとしているという想いをひしひしと感じる。
今回は特にこんな時勢だったので去年1年間が相当堪えていたという正直な吐露や(「1年間ゴミ箱に入っていたけどみんなのおかげでやっとゴミ箱から出られた」みたいなこと言ってた)、最後のMCでは最近の感染者数に触れて「またライブができなくなったらどうしよう」と言いながら泣き出すというもうやりきれない気分になる一幕もあった。でもそういうところも全部見せてくれるのが、いわゆるジャンキーがaikoを好きになる理由だと思う。この人は真に、音楽とライブを生きる意味や支えにしている。

今回は一度ライブで聴きたかった曲が自分でもわけがわからないくらい刺さったのが、シャッターだった。

自分の中でaikoの曲と言えばアンドロメダとシャッターの二強だった。この2曲はとにかく高校生の頃によく聴いてたし、その後も聴き続けた。この2曲を聴けるまでライブ通おうと思ってたらあっさり回収できてしまった。ただシャッターはジャズアレンジ版だったけど(ついでに1日目のストリングスとアコースティックアレンジの「信号」も感動的だった)。
この曲は人生の中の特別な一瞬とその追憶を歌った曲なんだけどその歌詞と「人生の伏線が回収される」系の感動が重なって(だと思う)信じられんくらい泣いた。いややっぱわかんないな。どうしてこんなに涙出るんだろう。あなたとあたしの目の奥に生きる二人が同じ笑顔であります様に……


オリンピック

うーん面白い。
無観客ですらイベント規模としてあまりにも巨大すぎることを改めて思い知らされる。音楽なんかの他ジャンルでもこれに勝てるものは存在しないだろう。いくら時代遅れだのなんだの言っても意味ないわ、こりゃ。

しかし今日は面白かった。
最初のスケボーは前日から興味惹かれたので見始めたら解説瀬尾の話題性からの日本人金メダルの完璧な流れ。
合間に流してた女子ロードレースは無名のオーストリアの選手が大逃げを成功させて金メダル、その後オランダ勢が情勢を勘違いしていて1位だと勘違いしたまま2位だったという異常事態。
サッカーも格上を下して勝利。合間に流してたサーフィンも面白かった。
本当に1日中スポーツやってるの狂ってるな。明日も楽しみ。

NHK 東京2020オリンピックサイト

gorin.jp 民放オリンピック公式動画サイト


FF6

今ではすっかりゲーム離れしてしまったけど昔はゲーム好きだった。
キッズだった時代はゲーム関連のホームページばっかり見てた。
不思議なものでその頃から断続的に付き合いが続いてて今もツイッターで相互フォローの人もいる。もう20年くらいか……。たぶん僕はインターネット上のデジタルな関係が生涯のソーシャル資本になる最初期の世代なんだろう。

『FF6』のバグを令和になっても探し続ける男──「縛りプレイ記録更新のために本職のゲームデバッガーに」狂気に満ちたやりこみゲーマーの生き様に迫る

FF6は昔から言ってるけど特に好きなゲームで、プレイした当時ひじょうな感銘を受けた。
やりこみプレイという世界があるのを知ったののもこのタイトルがきっかけだった。いろんな意味で世界が広がったと思う。

エディさんは今この世界でぶっちぎりで有名な人だと思うけど、この記事で少し触れられている更新前の8484歩の記録は更新をほぼリアルタイムで読んだ。最後に少し触れられてるField of Dreamsというサイトは当時FF5の攻略サイトとして有名だった。FF6は寄稿だけど、この投稿者の方もいろんなサイトで有名だった。

Field of Dreams

FF6 低歩数攻略

エディさんが書き込んでいる掲示板のスレッドがこれ。これですら2013年でもうすぐ10年前……。
http://fieldofdreams.happy.nu/bbs/cleyra/stbbs.cgi?_0=10&_1=letstalk&_2=l&_3=0&_10=1381727199

覚えている限りネットに低歩数クリアを初めて上げたのはシークエンスファクトリーというサイトでこれがすべての礎になっているはずなんだけどこっちはもう見つからない。

そんな前世紀の記録。

★★★

オリンピック開会式。
スピッツとレヴュースタァライト(あとクラスルームクライシス)のおかげで無意識や身体レベルで底上げされたのかかなり上向いてる。苦痛を紛らわしたいより楽しいことがしたいくらいの気持ちが出てきた。でもやっぱりもうちょっとコンディションいいときに見たかったな……


劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト

とにかく精神面のコンディションが悪いので結局上映最終日まで先延ばししてしまったけどなんとか観た、観れてよかった……。

スタァライトは2018年に舞台#1再演→アニメ→舞台#2と(あと翌年のオケコン)ドハマリしててその年に結構燃え尽きちゃったのでしばらく熱心には追ってなかったんだけど、どうにかついてこられてよかった。まさかスタァライトがこんな締め方をするとは想像もしてなかった。

物語の始まりは99期生の卒業直前。みんなそれぞれに進路を決めているけど、華恋だけが白紙のままでいる。
これは舞台版#2の華恋ともほぼ共通している(舞台#2はアニメの最終話ラストシーンから幕が上がり、スタァライトロスで燃え尽きている華恋から始まる)。しかし、舞台版では物語がライバル校青嵐との戦いに滑り込んだため、華恋自身の問題は事実上持ち越された。
映画では再びこれがスタァライトロスで燃え尽きて進路未定のままになっている華恋として主題化される。

そして、これは本当にビックリしたんだけど、その回答を出すために今度のレヴュースタァライトが選んだのは、「舞台の外」。すなわち文字通り舞台スタァライトにケリをつけ、9人が卒業し、次の舞台(=卒業後の進路)へ向かわせること。つまり、今回のレヴュースタァライトのテーマは、現実。

まさかスタァライトがこんなやり口を取るなんて思わなかった。自分の中で少女☆歌劇レヴュースタァライトという作品は「舞台の上」という空間に特権的な位置を与えていて、地下劇場というバーチャルな空間を使ってクリエイターが思う存分やりたい放題する作品だった。

その転換をはっきり示しているのが冒頭(ロンドロンドロンドの最後もあった?っけ?)の流血を伴う演出。皆殺しのレビューでは舞台上の演技のはずが本当に流血するという虚構と現実の境目が破れる描写がなされ、クライマックスでは華恋が事実上ほんとうに死ぬという衝撃的なシーンすら描かれている。

よって、オーディションに代わる今回の舞台「ワイルドスクリーンバロック」(元ネタがあるらしいけどまだ調べてない)は、虚構的な舞台と、現実すなわち楽屋オチのごとく観客をどっちらけにさせる舞台裏の空間を行ったり来たりする。ひかりVSまひるのように「役に入っていない」子がいるのもそのため。
ワイルドスクリーンバロックが開幕するのが地下鉄、それも一瞬地上に出る路線というのもたぶん象徴的で、テレビシリーズの地下劇場を引き継ぎながら半分はリアルな現実であるという新たなルールに支配されていることを示唆している。
あるいはTVシリーズが地下の深層に潜るほど物語が核心に近づくという垂直的な方向性に変わり、電車という水平方向の運動が対置されているのかもしれない。

そして、この半分舞台半分現実のレビューはそのコンセプトに対応するように、舞台上の強者も変わっている。
今回は舞台上の「演技」に変わり、それぞれの本能や裸の姿がフィーチャーされる。よりいっそう自分をさらけ出し、本能や衝動を剥き出しにした者が勝つ。純那ちゃんの借り物の言葉を捨てるシーンや、天童真矢の虚飾を泥臭い闘争心で破り捨てるクロディーヌが典型的。今回のクロちゃんめちゃくちゃ好きですね、TVシリーズで不遇だったのもあって。

8人がレヴューによってケリをつける一方で、華恋の進展は物語のちょいちょい挿入される過去編によって描かれる。スタァライトで燃え尽きていて、ひかりちゃんに存在意義を求めるしかなくなっている華恋にとって必要だったのは、自分自身がここまで登ってきた舞台への想いや衝動を思い出すこと。
だから、久しぶりのひかりちゃんとの再会で拒絶され、舞台少女として死んでしまった華恋を再び蘇らせるのは、過去のそれぞれの自分。
そして再生産というこの作品の代名詞で華恋は再び生まれ変わり、ひかりちゃんとの関係性が更新されることで華恋もまた卒業を迎える。

そして、物語はこの9人が演じていた「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」という舞台にケリがつく、という壮大な楽屋オチによってすべてに終止符が打たれる。スタァライトをもっと観たいと願っていた観客=キリン=コンテンツが続くための燃料も燃え尽きて消える。ブシロードのコンテンツでこんなのありかよ。

すさまじい劇場版だった。テレビシリーズがパーフェクトに綺麗にまとめきった作品だったのでもうおまけのお祭りくらいに考えてたけど、その終わった物語を完膚なきまでに美しく爆破していった。


SPITZ JAMBOREE TOUR 2021 “NEW MIKKE” 2021/07/18 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ

地元のスピッツ。

スピッツもまたこの情勢で2020年に行うはずだったライブがすべて中止の憂き目に会い、今年全公演をアリーナ公演として再調整したのが今回のツアー。
今年は体調崩してから半年以上ずっと苦しくて厳しくて今まで疑いもせずにいたものが何も信じられなくなってしまったりしている中で唯一決まっていた予定がこのライブくらいだったのでどうしてもフラットな状態では見られなかった。

セトリは2019年末に一度見たものとほぼ同じ。2年越しの同じセトリのライブ。こんな体験するのは当然初めて。
振り返ってみれば最初のスピッツのライブが最後のコロナ禍前のライブだった。不思議なもんだな。やっぱりなんというか調子のいいときより調子の悪いときに真価を発揮してくれるタイプの存在なのかもしれない。こういう存在に出会えてよかった。

内容のほうはと言えば、2度目のセトリだったのでわりと全体を見る余裕があった。
まず何より演奏うますぎ。音源より圧倒的に重厚で硬くてうねりがある。それぞれの楽器の音が絡んで生まれる全体の音像からはただ単に譜面をなぞっているそれとは違う何かがあり、これこそがバンドがバンドとして活動する理由だという説得力を感じる。
久しぶりのスタンディングのライブだったけどとにかく音に身を任せるのが気持ちよくてやっぱり音楽って理屈や言語化で捉えきれるもんじゃないんだよなーとしみじみ。
歌や演奏も心なしか前に見たときより力が入っているように感じた。特にマサムネのボーカルは全体を通してかなり気迫がこもっていたような気がする。今のこの情勢に対する思いは少なからずあるだろうし。

正直まだ心のコンディションが弱ってるままなのでちゃんと楽しめるか不安なところもあったけど、終わってみれば理屈抜きで確実に気分が上向いているのを自分で感じとれた。やっぱりどんな状態のときでも寄り添ってくれるな。なぐさめで崩れるほどのギリギリをくぐり抜けて……


アクログラムと電音部

 

アクログラムが電音部がコラボするよう。
うーん早いな。個人的にはもう少し単独できちんと世界観作り上げてからにしてほしかった。
でもナナシスの影追い求めすぎなんだろうな。
まあコラボがどういう形になるかもまだだし前のめりすぎか。

今年は長く続いてる不安症状でろくにアニソン聴けてないけどアクログラムはすごくナチュラルに聴けて助かってる。
元気になってきたしオーディオドラマも追いたい。

 


Don Ihde 『Listening and Voice: Phenomenologies of Sound』

ガルラジの長文を手直しして前逃げたところをきっちり納得いくまで書き直したい(あと本にしたい)という野望があるんだけどこれ以上は何かしら新しい知識がないと進みそうにない。
ドゥルーズをまた読み始めたのもその流れなんだけどドゥルーズのベルクソン経由したシネマの理論はやっぱり微妙に空振る感じがある。
音や声や音楽を現象学の観点から分析してるような研究がほしいんだけど、と思ってちょろっと検索したら簡単に出てきた。ただし未邦訳。

ダン・イーディ『リスニングとヴォイス : 音の現象学』。Kindle買ってGoogle翻訳放り込んだらなんとかなるかな……でも高いな……。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/0791472566/

https://www.sunypress.edu/p-4512-listening-and-voice.aspx

https://ci.nii.ac.jp/naid/120006247547


吉沢譲治『血のジレンマ サンデーサイレンスの憂鬱』

サンデーサイレンスの名前を初めて知ったのは2016年。新千歳空港のすぐそばにある社台グループのテーマパーク・ノーザンホースパークに寄ったときだった。
オフシーズンで人通りの少ない園内をふらふら歩き回り、端にあった小さなミュージアムに入った。中では社台グループが生産した数々の名馬が紹介されていた。
その中でステイゴールドやディープインパクトといったどこかしらで聞いた覚えのある名馬と並び、大きく紹介されていた知らない馬の名前が妙に印象に残っていた。サンデーサイレンス。

時は流れて2021年、ウマ娘を始めたついでにずっと気になっていた「社台グループというところから出禁を食らっているため出せない馬がいる」という話を本腰入れて調べたくなってきたので競馬業界の基礎知識を入れ始めた。

基礎的なところを学んでいってるうちにだいたい把握できたのが、
・馬主の他にも生産牧場や厩舎といった利害関係者がいる。
・社台グループは基本的には生産牧場だけど総合的にいろんな商売をやっている
・競馬はブラッドスポーツとも呼ばれるほど血統が重要で、特に種牡馬(父親)が重視される

そのあたりの背景とウマ娘に許可が出ている競走馬が90年代に偏っている事情から陰に陽に名前が浮かび上がってくるのが、社台グループが90年代に導入した大種牡馬・サンデーサイレンス。

この馬が社台グループの力の源なのか、あるいはサンデーサイレンスを軸にした史観で書かれた競馬史のようなものがあったら求めてることができるんじゃないか、という考えのもと本を探し始めて行き着いたのがこの本。結果的には大当たり。

著者の吉沢譲治は血統を専門にする競馬評論家で類書を何冊か出している。また判官贔屓的で反社台的な立ち位置の人らしい。この本も序文で零細牧場が潰れていくことに思うところがあると明言しているものの、全体的な筆致としてはだいぶフェアだと思う。
全体的な論調もセントサイモンの悲劇に則った歴史的な視点や競走馬の交配法則を論拠にした社会学的な視点が中心で、競馬を知らない人向けの解説も時宜入っているので前知識はなくても読める。

第1章ではまずサンデーサイレンスが種牡馬としていかに巨大な存在だったかが論じられる。
そもそもの前提としてサンデーサイレンスが導入される直前の90年代前半は、それまで日本で主流だったノーザンダンサー系が勢いを失っていた時期にあたっていた。オグリキャップからナリタブライアンまでの黄金期の競馬ブームもちょうど主流血統の交代期で戦国時代になりやすい下地があったという血統面の事情も面白い。
そして、同時にバブル景気で世界経済で一人勝ちだった日本はこの時期に海外から名馬を買い漁っていた。ジャパンマネーの黄金期。そうした時流の中で日本にやってきたのがサンデーサイレンス。そしてトニービン・ブライアンズタイムと共に種牡馬御三家が形成され、日本の競馬が世界に通用するクラスまでレベルアップする。

また、業界最大手の社台グループがサンデーサイレンスのような大当たりの種牡馬を買ったのも偶然ではなく、そもそもが日高の中小牧場と社台とで経営力が違いすぎるんだとか。社台もノーザンテーストやサンデーサイレンスのような当たりを見抜いて買っているわけではなく、「どんな馬が走るかはわからない」の理念のもとひたすら数を打ちまくっているという記述がどの本でも出てくる。大失敗に終わった買い物もいくつも挙げられている。一方で日高は社台の後追いでラムタラの巨額投資で自滅していくという。「イオングループと商店街」ってのが非常にわかりやすい。

サンデーサイレンスがどれだけ巨大で別格で歴史的で異次元の種牡馬だったからはもう令和3年のいま走っている馬の血統図見るだけで嫌になるほど思い知らされるけど、それでも本の記述で特に関心を惹かれるのはサンデーサイレンスの血の最大の強さは「柔軟性」にあったという指摘。
サンデーの子たちは漆黒の毛色を受け継いでいることが多いものの脚質や体型はばらばらで、これは交配した牝馬の特徴がそのまま引き出されるケースが多かったとのこと。配合する牝馬によってステイヤーから短距離、重量馬から軽量馬までありとあらゆるタイプの馬が生まれた。だから母系あるいは母の父の特徴が重視される。
これはサンデーサイレンスに限らずサラブレッドの歴史で数十年に一度現れる革命的な種牡馬に共通する特徴で、ノーザンダンサーも同じように様々なタイプの子どもが生まれたんだとか。

ここまでがサンデーサイレンスの功罪の功の部分で、2章以降がタイトルにもなっている革命的な種牡馬が陥る「血のジレンマ」の部分。
メカニズム自体は至って簡単で、サンデーサイレンスのように革命的な種牡馬が出てきた場合、その息子や娘がそれぞれ繁殖馬となったとき血が近すぎて交配できないということ。そこから異系の種牡馬がつけいる隙が生まれる。実際にサンデーサイレンスの死後リーディングサイアーを奪ったのもサンデーのヘイロー系の血を持たないミスタープロスペクター系のキングカメハメハだった。
著者はこのミスタープロスペクター系の日本への導入を非常に重要視していて、実際この本(2011年刊)が書かれたあとの10年はディープインパクトとキングカメハメハの二大勢力になっており、今の種牡馬リーディングでもロードカナロアやルーラーシップが名を連ねている。

また、サンデーサイレンスの息子も飽和しているため、種牡馬として高値がつくには競走馬当時の成績が重視されることになり、競走馬として走らなかった馬は種牡馬としても安値で買い叩かれる。しかし素質や血は変わらないため、種牡馬として逆転劇が生まれることもあり、その代表事例として3章でフジキセキ、4章でステイゴールドが取り上げられる。

そしてこのあたりの構造から、最後に競馬業界の生産側における格差問題が取り上げられる。
社台グループの一極集中も今のG1の出走馬見ればノーザンノーザンノーザン社台社台ノーザンで一瞬でわかるけど、これはいずれ袋小路に落ち込む危険性を指摘している。閉じた血統は必ず縮小再生産の道を歩む。たぶんこのあたりがアンチ社台の論客だったらしい著者の最も主張したい部分だろう。
これを防ぐには傍流の血統を入れる必要があり、メジロやタニノといったオーナーブリーダーによって繋がれてきた独自血統が歴史上で存在感を放ってきたのはこのような需要があるからだとしている。また、サンデーサイレンス自身もこれほどの成功を収めたのは同時期にライバルとしてブライアンズタイムを擁した早田牧場があったからだとも。

社台はこの後種牡馬入りしたディープインパクトのために海外から繁殖牝馬を買っているが、これは構図としては中小の牧場を疲弊させて得た資金が海外に流出しているだけではないかと著者は指摘している。
そして解決策として、サンデーの血を持った馬を海外マーケット向けに売り込み、その血の有用性を知らしめることで日本の生産牧場のマーケットを海外へ広げることを提案している。
サンデーサイレンスは傍流血統のため(だからアメリカで売れる前に日本が買えた)、欧州や北米で飽和しているノーザンダンサー系やミスタープロスペクター系と相性が良い。サンデー系が飽和している日本と逆の理屈が成り立つ。

そんなところで最近ではディープの娘が16馬身差でヨーロッパのオークスを勝っている。