エヴァと宇多田ヒカル

One Last Kiss聴いてますよ。本当に素晴らしい曲。

ここまでど丁寧に歴代主題歌編んでもらえるとさすがに新劇がちゃんと4部作のまとまりのある作品だったんだと思える。
宇多田ヒカル抜きの新劇なんか考えられないな。この人じゃなかったら新劇はどうなってんたんだろう。
考えてみれば90年代にエヴァと同じく本物のカリスマだった宇多田ヒカルが商業的なピークを越えてゆるやかに山を下り始めた頃からこの新劇シリーズに寄り添う一連の曲作ったって思うと色々感じるものがある。
新劇は毎回どんな展開で終わったとしても、エンドロールで宇多田ヒカルの歌声が流れ始めるとシンジたちや作品世界を外から優しく見守ってくれているようなあたたかさを感じていた。

僕はHEART STATIONが初めてちゃんと好きになった宇多田ヒカルだった。
このアルバムは発売してすぐ買ってめちゃくちゃに聴きまくった。
優しくて前向きに励ましてくれる歌詞も、無機質だけどなぜか明るく暖かい音色も全部好きだった。iPodに落とした後はアルバム通して聴くことが滅多になかった自分には例外なくらい1曲目のFight The Bluesからラストの虹色バスまで全曲好きだった。僕の人生に付き添ってくれた大切なアルバムの1つ。
当時は孤独だった。本当に孤独だった。