メジロマックイーン・ノーザンテースト・ノーザンホースパーク

昨日の夜から久々に強烈な感情に襲われてて厳しかった。アップダウン繰り返しながらだんだん苦痛が緩和されていってる感じなのでだいぶマシになってると信じたい。

ウマはメジロマックイーンを育成。

この子もプレイ前によく見かけた。キャラデザの華やかさは絶対的正義。
中身もだいたい想像通りのですわ口調お嬢様。本当にいま令和3年かよ。

レース中のスクショを撮ってなかったけどメジロマックイーンの走る姿はいよいよ異常な世界が開けてしまったという感があった。↓後から追加

オグリの勝負服はまだ軽装で流線型フォルムだったので結構それなりに納得感があった。しかしマックイーンはもう言い訳のしようがない。こんな重厚なドレス着た女の子が前傾姿勢で全力で走るのなんか見たことのない。
最終直線のラストスパートで動物本能が覚醒して瞳孔を見開く演出は完全にシュールさを越えて何か言いようのない高揚感を感じた。

ストーリーはメジロ家の血統やメジロライアンとのライバル関係がメインだったと思うけど、やっぱりこのゲームのシナリオに関しては史実の知識前提でどう落とし込んでるかを理解して100パーセントになるかなーと思う。もちろん欠点ではなく史実がどうなってるかの好奇心を持たせてくれるという意味で個人的には非常に好きなタイプです。

文脈抜きの好みだと相変わらず圧倒的にこいつ。馬ってよりも犬だろう。

それと理事長の元ネタがノーザンテーストだと知った。
数少ない知ってる馬名だったのでさすがにちょっと嬉しかった。
僕の住んでいるところから車で行ける距離にノーザンホースパークという社台グループの観光牧場があるんだけど、

大人になってから行ったここの展示室でこの名前がノーザンテーストから取られていることを知った。社台グループの父。近いうちに行きたいな。

あとは夜ゴルシモードの消化にバクシン育成していたところ

育成通算15回目。
両親★1因子にしてたのもったいなかったな……。まあいいか。

パワー6の両親。果たしてちゃんと活かせるのか。