月: 2022年12月

ポケモンバイオレットクリア

本当に面白かった。ずっと別世界に没入してた感覚だったしゲームってすごいなぁと再確認した。

世代的にRPGっていえばムービーゲーって揶揄が付き纏ってたイメージがまだ残ってるんだけど、もう映像メディアと比べるような時代はとっくに終わってるね。ポケモンのオープンワールドがこんなに面白いなんて想像もつかなかった。世界の中のありとあらゆる対象に自ら「関わる」ことができるっていうのがおそろしく没入感を高める。

そういった自分で組み立てる冒険と両輪を成すとも言えるような本筋のストーリーもすんごい良かった。ぼんやりとそういえばポケモンってMOTHERやスタンド・バイ・ミーの流れを引いてる現代劇なんだったと考えていた通り、あくまでも子どもたちの冒険という視点を礎にしながらスケールを膨らませた暖かい物語。最終盤でそれぞれのルートのサブ主人公たちと合流して完全にスタンド・バイ・ミーになるのは震えた。

あとは旅パのメンバーを記録しながら振り返り。

続きを読む


ワールドカップも終わったので

ワールドカップだけサッカー観るにわかでも3大会くらい視聴し続けてるとサッカーのリーグ構造(四大とか移籍の流動性が超高いとか)とか有名な選手とか各国のチームカラーとかぼちぼち頭に入ってくるので以前より面白かった。

日本のジャイキリとその勢いに乗り切れないグダグダさも良かったし前回から好きになって注目してたモドリッチ率いるクロアチアの躍進も面白く観れた。
普段からのサッカーファンにはヨーロッパのナショナルチーム同士のガチり合いとか南米と欧州の大陸隔てたマッチアップが醍醐味なんだろうけど、個人的にはやっぱりポット下位国が強豪相手にどう立ち回るかってのが強い関心なのでその意味でも予選の番狂わせが多かった今回は面白かった。予選のカオスさと決勝トーナメントの硬さがワールドカップの好きなところ。

そのラストに待っていたのが壮絶な激闘の末にメッシがすべてを持っていくという筋書きもいまだに現実感がなさすぎる凄さでいまだに何か言葉にならない。
やっぱり地球全体を巻き込むイベントって伊達じゃないんだなぁと思うしこういうことが起こるのがしみじみ凄いなぁと思う。

ついでにAbemaがプレミアリーグを無料放送しているのでもう少しサッカーを齧ろうかなと思って本とかプライムのドキュメンタリー番組にぼちぼち手を出したりした。

フットボールクラブ哲学図鑑 | 西部 謙司 | スポーツ | Kindleストア | Amazon

Amazon.co.jp: オール・オア・ナッシング ~アーセナルの再起~を観る | Prime Video

Amazon.co.jp: 私を家に持ち帰る:リーズユナイテッド – シーズン 1を観る | Prime Video


テイルズオブファンタジアはSFC版だとゲーム中のドット絵がイラストと違ってて

開発の経緯によると藤島康介が参加したのが開発の後期になってからですり合わせが間に合わなかったかららしいんだけど、

その当時のドット絵版のキャラクターデザインを書いてた人が大昔2chのスレを見て当時の資料をアップしていて、

そのサイトがまだ生きてた。

NOSTALGIC PHANTASIAN (sakura.ne.jp)


ブルーアーカイブが続いてる

ずっと続いてる。とうとうプレイヤーランクがカンスト。

何がこんなに刺さってるのかわからないけどとにかく女の子が刺さる。ストーリーも面白い。ストックもまだまだありそうだし思ってたよりずっと長い付き合いになるかもしれない。