スプリッティング

このような患者は,他者に対する見方を急激かつ劇的に変える傾向がある。関係の早期には,患者は世話をしてくれる人や恋人になる可能性のある人を理想化し,多くの時間を一緒に過ごし,あらゆるものを共有するよう求める。突然,患者は相手が十分に気づかってくれないと感じ,幻滅する;そして相手をけなしたり,相手に怒ったりすることがある。この理想化から幻滅への移行は白か黒かという思考法(善と悪の分裂,分極化)を反映している。

境界性パーソナリティ障害(BPD) – 08. 精神障害 – MSDマニュアル プロフェッショナル版

いや…さすがに行動ベースでこんな破局的なことしたことはないけど身に覚えがあるなあ…
ついでに境界性パーソナリティ障害はPTSDとも類縁性が強いらしい