稲葉浩志の歌詞

 

B’zがサブスク解禁されたのでここしばらく真面目に聴くともなく漫然と流してる。
J-POPで売れたアーティストは色々いるけどハードロックで天下取ったのはいまだにB’zしかいないだけあって、やっぱり唯一無二の存在だと思う。ジャンル的な内輪感やマニアックさを抜いてポップスにうまく落とし込んでるセンスがすごい。もうさすがにジャンル的なHR/HM界隈から派閥的に煙たがれるような時代でもないだろうけど。

久しぶりに聴くと稲葉の歌詞って男版のaikoなんだなと思う。徹底的に情けない男の内面視点のラブソング。こういうところもハードロックのクサさを抜くのに大きい。